空間清浄システム J-BOY

除菌水専用空間清浄システム 加湿機能付き

あなたとあなたの大切な人をウィルスの脅威から守りたい

J-boy

除菌水×空間清浄システムだから
体にやさしく、幅広い菌やウィルスを抑制

除菌水メーカーとのコラボレーションから誕生したJ-BOY。弱(微)酸性次亜塩素酸水は人の体にやさしく、安定した除菌力が特徴で、空間清浄システムとの組み合わせにより素早く安全にお部屋の空気を除菌・消臭致します。

人が集まる場所に最適な空間清浄システム

J-BOYは、ウィルスや浮遊菌を大幅に抑制するため、多くの人が集まる場所、特にお年寄りやお子様が居る場所でも安心してお使いいただけます。
また、ペットやタバコなどの悪臭を除去する機能にも優れているため、すがすがしい環境をキープできます。
毎年のようにウィルスや菌による感染症が話題になる昨今、お部屋の空気をまるごと清潔に保つ空間清浄システムに注目が集まっています。

仕 様

定格消費電力(W)急速運転時:(24/24) ※1
通常運転時:9.1/9.1
微弱運転時:3.4/3.4

品番 SVW-AQA1001(W)
除菌方式 除菌水フィルター透過方式
使用除菌水 20ppm~200ppmに希釈した弱(微)酸性次亜塩素酸水
モーター DCインバーター
加湿量 急速運転時:(600mL/h) ※1
通常運転時:320mL/h
微弱運転時:160mL/h
タンク容量 約4.5ℓ
連続運転時間
(連続運転モード)
急速運転時:15分連続運転後、通常運転に自動切り替え
通常運転時:約14時間
微弱運転時:約28時間
連続運転時間
(広さに応じた自動運転モード)
30畳:約19時間
24畳:約20時間
18畳:約21時間
12畳:約23時間
6畳:約28時間
電気代の目安(1ヶ月) ※2 急速運転時:(約149円) ※1
通常運転時:約57円
微弱運転時:約21円
除菌適応畳数 ※3 6畳(10㎡)~30畳(50㎡)
加湿適応畳数 ※4 6畳(10㎡)~15畳(25㎡)
運転切換 連続:急速 ※1 通常・微弱
広さに応じた自動運転:6畳・12畳・18畳・24畳・30畳
外形寸法
幅×奥行×高さ(mm)
320×280×400
電源コード(m) 2.0
カラー (W)ホワイト
JANコード 4562496250162
※1:急速運転は、15分連続運転後、通常運転に自動的に切り替わります。
※2:1日8時間運転の場合1ヶ月あたりの電気代(電気代26円/kWh(税別))
※3:適応畳数はあくまでも目安であり部屋の構造や障害物により異なります。
※4:微弱運転時及び通常運転時の加湿能力により算出した数値です。
●タンクの水は必ず20〜200ppmに希釈した弱酸性次亜塩素酸水をご使用ください。
水道水、浄水器の水、アルカリイオン水、ミネラルウォーター、井戸水のみでの使用は絶対に行わないでください。
また温水(40℃以上)、化学薬品、汚れた水、芳香剤やアロマ、洗剤や漂白剤を含んだ水なども絶対に使用しないでください。
除菌ができなくなるため、カビや雑菌が繁殖し悪臭などの原因になったり、有害なガスが発生する恐れがありますので絶対におやめください。
J-BOYは弱(微)酸性次亜塩素酸水を浸透させたフィルター(除菌水フィルター)に空気を透過させることによりウイルス抑制(※5)の機能がありますが、これにより感染の予防を保証するものではありません。実際の浄化効果は、お部屋の状況や使用状況によって異なります。
※5:【試験機関】(財)北里環境科学センター 【試験番号】北生発25_0067号 【試験方法】25㎡(約6畳)の試験空間で日本電機工業会 自主基準(HD124)の性能評価試験にて実施。浮遊した1種類のウィルスで確認。 【試験結果】11分で99% 【試験機】SVW-AQA1000(同方式) 【仕様除菌水】弱酸性次亜塩素酸水60ppm

手肌にやさしい弱酸性の除菌剤
J-BOY除菌パウダー

水道水に溶かすだけで簡単に弱酸性次亜塩素酸水ができます。

簡単!水道水に溶かすだけ
様々な用途にお使い頂けます

手肌に優しい弱酸性

pH値6.5~7.0の手肌にやさしい弱酸性なので、毎日の使用にも安心です。

軽量コンパクト

0.6g/個なので場所を取らず手軽に持ち運びが可能です。

長期保存可能

未開封でしたら、1年間効果が持続致しますので長期に渡る保管が可能です。

弱酸性次亜塩素酸水だから
安心・安全・強力除菌

強力除菌

アルコールでは除去できなかった、幅広い細菌類やウィルスに、約30秒で除菌効果を発揮することが確認されています。

スピード消臭

タバコやペットの臭い、アンモニアなどのニオイの原因を元から分解することで瞬時に消臭します。

安全性検査済み

皮膚刺激性などの諸安全性については、通常使用される状況において試験済みです。

※除菌効果、ウィルス抑制効果につきましては第三者機関による試験方法、試験結果に基づいてます。当商品によって、ウイルスや細菌からの感染予防を保証するものではありません。

<試験検査菌と検証機関>
●一般細菌、MRSA、緑膿菌、大腸菌O157、サルモネラ菌、白癬菌 ・・・財団法人 日本化学繊維検査協会 生物試験センター
●セレウス菌、レジオネラ菌、インフルエンザウイルス(不活化)、ポリオウイルス(不活化) ・・・財団法人 日本食品分析センター
●ノロウイルス ・・・ビジョンバイオ株式会社 食品検査センター
●パルボウイルス ・・・財団法人 畜産生物化学安全研究所

PAGE TOP