よくある質問

布タオル・布おしぼりを使っていて、衛生的な不安はありませんか?
布おしぼりは、洗濯、煮沸、塩素消毒などをして再利用されています。
セレウス菌など、一部の菌は芽胞という構造で、上記方法でも滅菌できません。
清拭用の未使用のタオルからセレウス菌が検出されたこともあり、タオルが原因とみられる感染症の事例も報告されております。
プールスのおしぼりは使い捨てなので、菌の潜伏は無く、安全です。
紙おしぼりは捨てるので、環境的に悪くないですか?
プールスのロール紙は、短期間で成木となるユーカリ、アカシアや間伐材を原材料としており、環境には負荷が低いです。
ビニールの個包装がなく、個包装のおしぼりより環境に負荷をかけません。
布おしぼりは、洗浄の際に界面活性剤や塩素などを使用し、排水が大量に発生し、環境に負荷をかけます。
機械のコストはどのくらいですか?
おしぼり機は購入していただくこともできますし、月々でレンタルしていただくこともできます。
価格は各販売店様か担当営業へご確認お願いします。
紙おしぼりのコストはどれぐらいですか?
おしぼりの厚さの番手と使用する長さにより、おしぼり1本あたりのコストは変わります。
定価ベースですが、薄手の18cm(最短)で約5円、特製厚手の42cm(最長)で約26円です。
紙おしぼりはすぐに破れてしまわないですか?
プールスの専用ロール紙は、薄手、厚手、特製厚手と3種類あります。
使用用途により、番手を選択していただけます。
薄手でも触っただけで破れてしまうような脆いものではなく、ある程度の耐性はあります。
体を拭く時、布タオルのように気持ちいい触感はありますか?
厚手、特製厚手は、体の清拭に使用する為に開発いたしました。しなやかな触感が得られます。
機械に手間がかかりませんか?
通常、おしぼりを作る時は、ボタンを押せばおしぼりが出てきます。
ロール紙の交換と除菌液の補充の必要があります。非常に簡単な作業です。
医療機関、介護施設、保育園でご使用いただく場合は、週に1回、10分ほどの清掃作業と、月に1回の水抜きをして頂いています。
温かいおしぼりはできますか?
ヒーターをつけていただけば、温かいおしぼりができます。ヒーターを切っていただけば、常温のおしぼりができます。
除菌液は医薬品ですか?
除菌液は医薬品ではありません。治療に使用する為のものではありません。
直接肌に塗布するものではなく、水で100倍希釈して、おしぼりを湿らせます。
おしぼりを作る時間は何秒ぐらいですか?
1本約3秒です。
おしぼりは1本ずつ出ますか?
1本での単独製造と連続50本までの連続製造ができます。
おしぼり機は国内産ですか?
弊社のおしぼり機は国内製です。業界では唯一の国内製のおしぼり機です。
故障時の修理は有償ですか?
おしぼり機が購入の場合と、レンタルの場合とで対象期間が異なりますが、通常の使用において、おしぼり機に故障等が発生した場合、無償にて修理、または交換を行います。また、指定外のロール紙及び除菌液を使用している場合は、この限りではありません。
購入の場合は対象期間は5年間です。
レンタル契約の場合はレンタルしていただいている期間はずっと対象になります。
月々の電気代はいくらぐらいですか?
タンクのヒーターをONにしたままで、月々の電気代は1台あたり約500円です。なお、布おしぼりのホットウォーマーの月々の電気代は1台あたり約3,000円です。
おしぼりを使用すると、肌荒れなどが起きませんか?
除菌液は2種類あります。各除菌液とも、100倍に希釈して使用していただきます。
除菌液ベンズアルキスMでは、皮膚一次刺激性試験を実施しており、無刺激性の範疇に入るものと評価されています。アルコールを含有していないベンズアルキスM、濃度が低いベンズアルキスNewLightは、刺激性は弱いものです。今までユーザー様から、肌荒れなどの症状が出たという報告はありませんが、ご使用時の体調などにより、今まで問題の無かった場合でも肌荒れなどの症状が出る可能性があります。その際はご使用をおやめ下さい。
PAGE TOP